田んぼの実り ―羽釜で新米ごはん―

ぽこぽことらくだの背のように古墳が並び、その横には青々とした田園風景が広がる奴山。この地で36年農業を営む花田智昭さん。智昭さんは自然農法を研究しながら元気な米と野菜を育てています。今回の旅のメインディッシュは、羽釜で炊いた新米。智昭さんの農業の話を聞きながら、一緒に新米を味わいましょう。希望者には、1700年の歴史をもつ「裁縫の神様」を祀る縫殿神社の放生会へご案内します

9月13日(金) 11:00−14:30

当日の様子

花田智昭さん&参加者の自己紹介、旅のスケジュールの説明を行います
世界遺産登録を目指す、新原・奴山古墳群周辺を散策。奴山の歴史を知ります
花田智昭さんの山にちょうど実っていた栗拾い。旬な食材の収穫を楽しみます

本日のメイン!智昭さんが有機栽培で育むお米の収穫です
羽釜ごはんを炊く前に、ブドウの樹でブドウ収穫も体験しました。
新米を羽釜で炊いたご飯、そしてリゾットと、新米を満喫しました


参加者の方の声

知らない地元の歴史等や農業の方の思いを知ることができ、又楽しい昼食(食材を生かしたもの)をいただくことができ、ゆっくりと流れる時間をすごすことができ、とても楽しかったです
【福津市、50代、女性】


お世話になりました。大変良い時間がすごせ、リフレッシュしました。
【古賀市、40代、女性】


身近なことでも知らないことが多く、新鮮な感激がたくさんありました。昔ながらの生活の豊かさに触れたり、奴山の歴史に触れたり、その上、心のこもった沢山のごちそう、ありがとうございます。忘れがたき体験になりそう・・・
【福津市、60代、女性】


参加させていただいて、ありがとうございました。自然いっぱい、おなかいっぱい、気持ちも幸福感もいっぱい!一足早い実りを感じる「秋」。ご褒美の時間をいただいているようでした。地元の方々の温かいおもてなしにも大感激でした!
【古賀市、50代、女性】



詳細情報

【料 金】
2,500円(昼食・お土産新米1キロ付)

【所要時間】
3時間半

【参加者数】
4名

11:00集合
野菜畑の見学、稲刈りの体験、農業、地域にある日本最初の「裁縫の神様」を祀る縫殿神社の話
昼食準備・昼食
14:30解散

※農作業に適した服装でのご参加をお願いします。長靴や帽子はご持参ください。
※希望者には、解散後「縫殿神社」の放送会へご案内






コメント・感想はコチラにどうぞ

"日帰り"  その他の旅

「手塩にかけて育てた野菜を余すことなく食べてほしい」という農家だからこその思いで […]
海辺の1日を福津の海に魅了された2人と一緒に過ごしてみませんか。風や波とひとつに […]
ぽこぽことらくだの背のように古墳が並び、その横には青々とした田園風景が広がる奴山 […]
都市域と原生自然の中間に位置し、人の営みを通じて作られ、維持されてきた里山。ライ […]
約22キロの沿岸線が続く福津。日によって海も夕陽も様子が異なり、いつ見ても新鮮な […]
漁港の朝市を体験してみませんか。獲れたての生きた魚を漁師さんから購入し、実際に捌 […]
「生き物に携わる仕事を体験してみたい」という方の為の大人の職場体験です。舞台とな […]
夕暮れ時、西の空は茜色に染まり、東の空からは月が昇り、夜空を明るく照らします。普 […]
製塩と交易の港として栄え、五十隻船の入船出船で賑わった津屋崎千軒。今も残る塩田跡 […]
青色でも紺色でもない色、藍色。むかしは、藍で染められた着物や暖簾 などが身の回り […]
緑・紅・黄と秋の色彩豊かな宮地嶽神社で自分の好みの葉っぱを探し、レザークラフトで […]
旧宿場町で、理想のリタイア生活を送る人たちがいます。リタイアと脱サラの第二の人生 […]