毎年、三反(たん)の広々としたヒマワリ畑が、夏を迎えた新原・奴山古墳群*に彩りをそえます。夏の青空と古墳群を背にした、大輪の黄色い花々に、思わず足を止めカメラを向ける人々。昨年の夏は、多くの見物客が訪れたそうで「世界遺産の見えるヒマワリ畑」として人気の写真スポットにもなっています。
*2017年に世界遺産に登録された「宗像・沖ノ島と関連遺産群」のひとつ。

 

高台にあるヒマワリ畑からは、新原・奴山古墳群が見わたせる。

 

小澤さんご夫婦が、ヒマワリ畑を始めたのは7~8年前のこと。野菜の作れない夏場に、緑肥になるヒマワリを植えようと思ったのがきっかけでした。花が咲きほこるころには、道行く人たちが「きれいですね」「わたしも写真を撮りました」とお二人に声をかけてくれるそうです。
「去年もね、咲いたときみんなが喜ぶのを見て『お父さん、やったあ!これがあるけん、続けられるとやね』って言うたんよね」。淳子さんの言葉に、和幸さんがうなずきながら「ぜひきれいに咲かせたいばってんが……こればっかりはね」。すると和幸さんの言わんとすることを汲んで「人間はちょっとやね、あとは“自然”」と淳子さんが言葉をつなぎます。

 

代(しろ)かきをして水をはった水田と古墳群。「ここから見える夕日がきれいったい」と撮影した和幸さん。

 

訪れる人の思い出に残る、ヒマワリ畑の風景。その美しい眺めを維持するには苦労が絶えません。生育を天候に左右されるのはもちろん、雑草はヒマワリよりも先に土の栄養を吸って育つので、肝心のヒマワリが背の高い雑草の日影になって思うように育たないことも。そんなときは鎌をにぎり、三反の畑中に生えた雑草を一週間かけて刈りとります。
その過酷ともいえる作業の間「『咲いたらみんなが喜びんしゃあけん』、そればっかりを自分の中でくり返すと」と淳子さん。雑草を刈り終えると、小澤さんご夫婦の苦労をねぎらうようにして、日が当たるようになったヒマワリがぐんぐん背を伸ばすのだそうです。

 

自宅の畑でとれたトウモロコシ。もぎたてを生のまま食べると、実はパチパチ、味は桃のよう。

 

「きついこともあるけど、人の喜ぶ顔を楽しみに思って」。
手をかけ汗をかいて育てた、ヒマワリ畑を目にした人々の驚く声、喜ぶ顔。それを見て、和幸さんと淳子さんもまた喜びを感じると言います。一方で、ヒマワリ畑を続けていくことは、自ずとこの地域を守ることにもつながっているのです。
「利益は生み出しきらんけど、それに代わる喜びが返ってくるかなと思ってしよる」。
苦労の先にある喜びを思い描いて、前向きな言葉を口にする淳子さんは、常にお日様のほうを向いているヒマワリの花のようでした。

小澤和幸さん・淳子さん

兼業農家の小澤さんご夫婦。田畑で仕事をしながら出会った、美しい風景を写真に切りとる和幸さんの趣味は“ゴルフ”。実家が農家という淳子さんは、育てた野菜や果物を「無駄にせんように」と保存食レピシをたくさんメモに書き留めている。


暮らしびと 記事一覧

毎年、三反(たん)の広々としたヒマワリ畑が、夏を迎えた新原・奴山古墳群*に彩りを […]
自宅のデッキ越しに見える池の土手を指さし「あの土手でツクシがいっぱい採れるのよ」 […]
土間にあった下駄に履きかえ「これだとね、出たり入ったりが楽ちんなんです」と嬉しそ […]
日当たりのよい、庭先のプランターで摘みとった、春菊のやわらかい若葉を手に「さっと […]
 「今日は夕陽がきれいそうやね」。眼下にまちと海が広がる高台に暮らす中島美香さん […]
 「手から糠漬けの匂いが落ちない時がありまして」。自宅の庭で野菜を作り、収穫した […]
「先月、リフォームしたんですよ。リビングと台所、洗面所とお風呂も」。ずずずと通さ […]
「眺めがよかろう」。水上牧場の牧場主水上治彦さんは、山を開いて作った放牧場から […]
「新しいことを学ぶと人に伝えたくなるねぇ」。有吉敏高さんは、郷土史会の会員であり […]
 角信喜さんは高校生の時、自宅の本棚にあった『神々の指紋』(※1)やギリシャ神話 […]
 太陽が今日を明るく照らす前、藤田裕美子さんは朝食の支度を始めます。福岡市内で勤 […]
 カランコロン。下駄の音がまちの中に響く。柴田奈緒美さんは下駄を履き、自身で染め […]
 季節の花々が咲き、ほのかにハーブの香りがする庭。スカートをひらひらさせて踊りた […]
 「This is the house」(ここが僕たちの家だ!) 探し続けていた […]
 亜熱帯のような小さな森の先にある「みんなの木工房=テノ森」。かつてチョコレート […]
 福津市の東側、許斐(このみ)山麓にある集落、「八並(やつなみ)」。柴田稔さんと […]
 福津市の北側にある「山添」(やまぞえ)という集落に、西浦さん夫妻は暮らしていま […]
 世界が目覚め、空気が澄み切った朝。山から朝日が昇り、宮地嶽神社の社殿が照らされ […]
 「何しとっちゃろうか」。電気関係の会社に勤めて2年経った20歳の時、間利夫さん […]
※1 津屋崎人形 歴史やおとぎ話で活躍する人物等を題材にした土人形。原色で絵付け […]
 海岸から東側に車を15分程走らせると、風景が一変し、目に緑がたくさん映り始めま […]
福津市の東側に「光陽台」という住宅街があります。その中の一軒で野田壮平さんは生ま […]
豊村酒造5代目豊村源治さんの妻、理惠子さんは自問します。「何の為に古い建物を維持 […]
 コッコッコ。6歳の少年、中村海渡君が自宅にある鶏小屋の中に入り、言いました。「 […]
福津では朝日が山から昇り、夕陽が海に沈む。お日様が顔を出す在自山(あらじやま)の […]
「父は、朝食の準備と二人分の弁当を作って、6時半に出勤してたんです。辛い顔なんて […]
「茶色い毛の馬は、まつ毛も茶色なんです。私は馬のことに関して素人だから、こうやっ […]
 「ずっとお店に来たいと思っていたんです。この辺りのゆっくりした時間の流れが好き […]
「「どこ行きようと?」と声をかけることが、「こんにちは」と挨拶することと同じだと […]
「地元のものがこの海をきれいにしないと」渡辺麻里さんは、まるで海に話しかけるよう […]