02.わたしだけの藍染~初めてふれる”正藍染”~

歩くだけで、なんだかホッとする居心地の良さを感じる昔ながらの町並み。人情味溢れる津屋崎千軒には、かつて“紺屋”として栄えた現『藍の家』があります。この旅では、藍染の中でも“正藍染”というやり方で藍を発酵させ、大判の風呂敷を染めていきます。

藍染は古来中国より伝わり、私たちの暮らしにとても身近なものだったそう。先人の知恵もあり、その昔は藍染の風呂敷に暮らしの衣類を包んで、大切に保管したそうです。昔ながらの手仕事をする、私だけの時間。藍の恩恵を感じながら心豊かなひとときをお過ごしください。

820日~912日の期間福岡県に対し、新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言が発令されるため、本プログラムを【延期】致します。延期日程は2021年11月12日(金)です。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

11月12日 (金) 10:00〜13:00



集合→柴田さんの暮らしと藍染のお話→絞り→染め→藍と藍の家についてのお話→交流タイム→解散




お申し込みはコチラから





詳細情報

【料金】
10,000円 (正藍染の風呂敷90×90、お茶付)
【定員】
6名(最小人数:4名)
【集合場所】
津屋崎千軒民俗館藍の家 (津屋崎4-14-20)






コメント・感想はコチラにどうぞ