中村さんご一家

Nakamura's Family (Hiroki & Yoshiko & Kaito)
「心地良い暮らし」

 コッコッコ。6歳の少年、中村海渡君が自宅にある鶏小屋の中に入り、言いました。「おっ卵を産んどる。持って帰る?」両親から学んだのでしょうか。既にお裾分け文化が身についているようです。

津屋崎千軒(※)の近くに新東区という約40年前にできた住宅街があります。そこに中村さん一家が3年前、海の近くで自然を感じられる暮らしを求め、東京から引っ越してきました。奥さん佳子さんは地域の方の好意で畑を借り、野菜作りを始め、釣り好きの御主人洋基さんは仕事の合間をぬって海へ。海渡君は、津屋崎弁を覚え、ご近所を走り回るといった暮らしが自然と始まっていきました。

引越しから2年経ち、2羽の鶏が中村家の庭にやってきました。佳子さんがかねてから循環する生活の中に身を置きたいと考えおり、飼い始めたのです。庭や畑の雑草等を鶏が食べ、卵を産む。フンは畑の肥料となり実りをもたらす。循環の出発点となる鶏のエサは、近所の方が野菜くずや米や麦の落ち穂を持ってきてくれることもあります。ある時、こんなことがありました。インターホンが鳴り、玄関戸を開けると、見知らぬおばあちゃんが立っていました。「これ、鶏に」。差し出された容器の中には、コガネ虫の幼虫が。互いに面識はありませんでしたが、おばあちゃん宅のコンポストにいた幼虫を鶏のエサにと持ってきてくれたのです。鶏は循環する暮らしに導き入れてくれるだけではなく、中村さん一家にそれまでにはなかった世界を見せてくれています。

「あまり深く考えて今の生活に至ったわけではないのだけど、自分たちのペースでやりたいことができているということが有難いです。何を取っても、ここには余裕や隙間みたいなものがありますね」。

 中村さん一家がありたいようにあれること。これは、周囲の方が一家を理解し、一緒に楽しんでくれているからこそのことです。そして、中村さん一家も同じように周囲の方と接しているからでしょう。
 その人のペースに合った心地良い暮らしは、どこかにあるものではなく、一人一人が小さな思いやりや理解する気持ちを持ち寄り、形成されていくものだと感じました。


※津屋崎千軒:津屋崎漁港一帯の集落の名称。港近くは、江戸から明治時代かけて製塩と交易で賑わい、千の軒を連ねる程栄えた町として「津屋崎千軒」という名が付けられた。


__________________
中村さん一家の紹介
洋基さんは、自宅でWebエンジニアの仕事を行う。津屋崎千軒の中にある「café&ギャラリー古小路」で土曜日に(第3土曜日を除く)「おむすびと粗汁 むすひ」を家族で開き、中村家の暮らしのお裾分けをいただける。


コンポスト堆肥に入っていた種が発芽し、実を立派につけている。

鶏にご近所さんからいただいたエサをあげる海渡君。

暮らしびと 記事一覧

 「今日は夕陽がきれいそうやね」。眼下にまちと海が広がる高台に暮らす中島美香さん […]
 「手から糠漬けの匂いが落ちない時がありまして」。自宅の庭で野菜を作り、収穫した […]
「先月、リフォームしたんですよ。リビングと台所、洗面所とお風呂も」。ずずずと通さ […]
「眺めがよかろう」。水上牧場の牧場主水上治彦さんは、山を開いて作った放牧場から […]
「新しいことを学ぶと人に伝えたくなるねぇ」。有吉敏高さんは、郷土史会の会員であり […]
 角信喜さんは高校生の時、自宅の本棚にあった『神々の指紋』(※1)やギリシャ神話 […]
 太陽が今日を明るく照らす前、藤田裕美子さんは朝食の支度を始めます。福岡市内で勤 […]
 カランコロン。下駄の音がまちの中に響く。柴田奈緒美さんは下駄を履き、自身で染め […]
 季節の花々が咲き、ほのかにハーブの香りがする庭。スカートをひらひらさせて踊りた […]
 「This is the house」(ここが僕たちの家だ!) 探し続けていた […]
 亜熱帯のような小さな森の先にある「みんなの木工房=テノ森」。かつてチョコレート […]
 福津市の東側、許斐(このみ)山麓にある集落、「八並(やつなみ)」。柴田稔さんと […]
 福津市の北側にある「山添」(やまぞえ)という集落に、西浦さん夫妻は暮らしていま […]
 世界が目覚め、空気が澄み切った朝。山から朝日が昇り、宮地嶽神社の社殿が照らされ […]
 「何しとっちゃろうか」。電気関係の会社に勤めて2年経った20歳の時、間利夫さん […]
※1 津屋崎人形 歴史やおとぎ話で活躍する人物等を題材にした土人形。原色で絵付け […]
 海岸から東側に車を15分程走らせると、風景が一変し、目に緑がたくさん映り始めま […]
福津市の東側に「光陽台」という住宅街があります。その中の一軒で野田壮平さんは生ま […]
豊村酒造5代目豊村源治さんの妻、理惠子さんは自問します。「何の為に古い建物を維持 […]
 コッコッコ。6歳の少年、中村海渡君が自宅にある鶏小屋の中に入り、言いました。「 […]
福津では朝日が山から昇り、夕陽が海に沈む。お日様が顔を出す在自山(あらじやま)の […]
「父は、朝食の準備と二人分の弁当を作って、6時半に出勤してたんです。辛い顔なんて […]
「茶色い毛の馬は、まつ毛も茶色なんです。私は馬のことに関して素人だから、こうやっ […]
 「ずっとお店に来たいと思っていたんです。この辺りのゆっくりした時間の流れが好き […]
「「どこ行きようと?」と声をかけることが、「こんにちは」と挨拶することと同じだと […]
「地元のものがこの海をきれいにしないと」渡辺麻里さんは、まるで海に話しかけるよう […]
「福津市うみがめ課、品田です」。 品田さんの携帯電話にかけた時の応答。その丁寧さ […]
「今までで一番嬉しかったことはね」広島緑さんは、恥ずかしさと誇らしさが入り混じっ […]
 命を燃やし尽くすようにセミが鳴く中、奴山(ぬやま)にある縫殿神社(ぬいどの)で […]