※1 津屋崎人形
歴史やおとぎ話で活躍する人物等を題材にした土人形。原色で絵付けされた鮮やかな彩が特徴の一つ。※2 もま笛
ふくろうの形をした笛。ふくろうのことをこの辺りでは「もま」と呼ぶ。

 「「長男の宿命たい」。おやじから言われとったからね。この辺りは、みんな商売しとって、長男は継いどったから」。津屋崎人形の人形師、原田誠さんは家業を継いだ時のことを思い返していました。

江戸時代から200年続く「津屋崎人形」(※1)。津屋崎千軒内に工房が2軒残っており、現在も人形作りが行われています。その内の一軒、「筑前津屋崎人形巧房」の扉を開けると、七代目の原田誠さんが来年の干支、馬の人形の絵付けを黙々と進めていました。

作業中の風景。小さなめんこが並び、何とも愛らしい。

 

誠さんが人形作りを始めたのは、21歳の時。父、活男さんの仕事を見様見真似で習得していきました。「おやじが教えてくれることはなかったね」。背中で教えられ、全身で学ぶ。口承ではないからこそ、代々引き継がれてきたものがあるのかもしれません。親子で人形作りを行っていましたが、人形作りの最後の行程である面相と模様の絵付けは、20年経っても誠さんが施すことは許されていませんでした。

1500種もの型があり、昔は土型、現在は石コウ型を使用している。

誠さんが45歳の時、活男さんが急死。師の存在がない中で人形を作り、初めての面相と模様の絵付けを行いました。最初は、活男さんと比較されることや得意先からの評判を恐れましたが、恐怖心に打ち勝ち、人形師として歩み始めました。土人形やひな市で有名な長野県中野で作品展を行ったり、ここ最近では、フランスで出版された本『MiYaGe』で「もま笛」(※2)が紹介されたりしました。伝統工芸品である津屋崎人形が、新しい視点で注目されつつあります。

「あっという間やったよ」。人形を作り始めてからの40年は、流星のごとく過ぎていったと語る誠さん。還暦を過ぎ、後継ぎのことも考えます。23歳になる息子さんがいますが、「宿命だ」と強要することはなく、好きなことをしてほしいと伝えます。

誠さんと息子さんが並んで仕事をする光景を目にしたいという希望は言葉にせず、「私にできることは何なのだろう」と問いながら、お店の扉を閉めました。

右側が今年作成している人形。左側は12年前のもの。

原田誠 (はらだ まこと)
「筑前津屋崎人形巧房」7代目。商工会会長も務める。日課は、毎朝海岸を歩くこと。貝殻を拾ったり、すれ違う人と話をすることから1日を始めている。


暮らしびと 記事一覧

 「今日は夕陽がきれいそうやね」。眼下にまちと海が広がる高台に暮らす中島美香さん […]
 「手から糠漬けの匂いが落ちない時がありまして」。自宅の庭で野菜を作り、収穫した […]
「先月、リフォームしたんですよ。リビングと台所、洗面所とお風呂も」。ずずずと通さ […]
「眺めがよかろう」。水上牧場の牧場主水上治彦さんは、山を開いて作った放牧場から […]
「新しいことを学ぶと人に伝えたくなるねぇ」。有吉敏高さんは、郷土史会の会員であり […]
 角信喜さんは高校生の時、自宅の本棚にあった『神々の指紋』(※1)やギリシャ神話 […]
 太陽が今日を明るく照らす前、藤田裕美子さんは朝食の支度を始めます。福岡市内で勤 […]
 カランコロン。下駄の音がまちの中に響く。柴田奈緒美さんは下駄を履き、自身で染め […]
 季節の花々が咲き、ほのかにハーブの香りがする庭。スカートをひらひらさせて踊りた […]
 「This is the house」(ここが僕たちの家だ!) 探し続けていた […]
 亜熱帯のような小さな森の先にある「みんなの木工房=テノ森」。かつてチョコレート […]
 福津市の東側、許斐(このみ)山麓にある集落、「八並(やつなみ)」。柴田稔さんと […]
 福津市の北側にある「山添」(やまぞえ)という集落に、西浦さん夫妻は暮らしていま […]
 世界が目覚め、空気が澄み切った朝。山から朝日が昇り、宮地嶽神社の社殿が照らされ […]
 「何しとっちゃろうか」。電気関係の会社に勤めて2年経った20歳の時、間利夫さん […]
※1 津屋崎人形 歴史やおとぎ話で活躍する人物等を題材にした土人形。原色で絵付け […]
 海岸から東側に車を15分程走らせると、風景が一変し、目に緑がたくさん映り始めま […]
福津市の東側に「光陽台」という住宅街があります。その中の一軒で野田壮平さんは生ま […]
豊村酒造5代目豊村源治さんの妻、理惠子さんは自問します。「何の為に古い建物を維持 […]
 コッコッコ。6歳の少年、中村海渡君が自宅にある鶏小屋の中に入り、言いました。「 […]
福津では朝日が山から昇り、夕陽が海に沈む。お日様が顔を出す在自山(あらじやま)の […]
「父は、朝食の準備と二人分の弁当を作って、6時半に出勤してたんです。辛い顔なんて […]
「茶色い毛の馬は、まつ毛も茶色なんです。私は馬のことに関して素人だから、こうやっ […]
 「ずっとお店に来たいと思っていたんです。この辺りのゆっくりした時間の流れが好き […]
「「どこ行きようと?」と声をかけることが、「こんにちは」と挨拶することと同じだと […]
「地元のものがこの海をきれいにしないと」渡辺麻里さんは、まるで海に話しかけるよう […]
「福津市うみがめ課、品田です」。 品田さんの携帯電話にかけた時の応答。その丁寧さ […]
「今までで一番嬉しかったことはね」広島緑さんは、恥ずかしさと誇らしさが入り混じっ […]
 命を燃やし尽くすようにセミが鳴く中、奴山(ぬやま)にある縫殿神社(ぬいどの)で […]