自宅のデッキ越しに見える池の土手を指さし「あの土手でツクシがいっぱい採れるのよ」と橋内さん。野草を摘むのが春先の楽しみのひとつだと教えてくれました。

橋内さんの原風景は、熊本県の山奥にある母の古里。夏休みの間、毎日のように川で泳ぎ、食べはしないけれどドジョウをとって遊んだそうです。孫たちが熊本の家に着いてすぐ、祖母がふるまったのはお菓子ではなく、その土地で採れたタケノコやゼンマイの煮物。大人のお客さんに出すのと同じ田舎料理でもてなしてくれました。いつもの暮らしとは違う生活の始まりに、その土地のものをいただいて、お茶を飲んでほっとする。橋内さんにとってそれは、日常を離れる心の準備を含んだ大切な時間だったようです。

 

ツクシは「きんぴら」にしてもおいしいそう。

 

自宅近くの海や野山に出かけて旬のものを採るのは、福津で暮らす橋内さんにとって日常の一コマであり遊びのひとつ。中でもはまっているのは、春の海藻採り。「潮見表」で大潮の時間を調べ、その数時間前に友人と海辺に出て、テングサやワカメなどの海藻を拾うそうです。「海岸のヒジキって『え、これ?』っていうもの。びっくりする」と話す途中で「ヒジキを採る。これも旅にしたらいいね」とひらめいて、橋内さんの表情がぱっと輝きました。「こんな旅があったら、きっと楽しい」という、わくわくした気持ちから橋内さんの新しい「暮らしの旅」は生まれます。

 

テングサは「ところてん」に。塩ゆでしたワカメはおすそ分け。

 

「春夏秋冬と、夕日の落ちる場所が違うのよ。夕日の見えるところで育っていないから、面白いし、とても新鮮」。体験することでしか感じとれない自然の豊かさ。その恵みを楽しみながら暮らしにとり入れることのできる福津のまち。「自然の中で体験したことを、思いつめたときにふと思い出して悩みが薄くなることがある」。沈んだ気持ちをそっといたわってくれる自然。その大きな懐に身を置くことが、橋内さんの元気の源なのかもしれません。

橋内京子さん

根っからの旅好きで、和歌山まで「青春18きっぷ」で旅するパワフルな橋内さん。『福津暮らしの旅』の前身『自然塾』の立ち上げ当初から旅の企画に関わる一方で、「つやざきアンビシャス広場」の代表としても活躍中。


暮らしびと 記事一覧

自宅のデッキ越しに見える池の土手を指さし「あの土手でツクシがいっぱい採れるのよ」 […]
土間にあった下駄に履きかえ「これだとね、出たり入ったりが楽ちんなんです」と嬉しそ […]
日当たりのよい、庭先のプランターで摘みとった、春菊のやわらかい若葉を手に「さっと […]
 「今日は夕陽がきれいそうやね」。眼下にまちと海が広がる高台に暮らす中島美香さん […]
 「手から糠漬けの匂いが落ちない時がありまして」。自宅の庭で野菜を作り、収穫した […]
「先月、リフォームしたんですよ。リビングと台所、洗面所とお風呂も」。ずずずと通さ […]
「眺めがよかろう」。水上牧場の牧場主水上治彦さんは、山を開いて作った放牧場から […]
「新しいことを学ぶと人に伝えたくなるねぇ」。有吉敏高さんは、郷土史会の会員であり […]
 角信喜さんは高校生の時、自宅の本棚にあった『神々の指紋』(※1)やギリシャ神話 […]
 太陽が今日を明るく照らす前、藤田裕美子さんは朝食の支度を始めます。福岡市内で勤 […]
 カランコロン。下駄の音がまちの中に響く。柴田奈緒美さんは下駄を履き、自身で染め […]
 季節の花々が咲き、ほのかにハーブの香りがする庭。スカートをひらひらさせて踊りた […]
 「This is the house」(ここが僕たちの家だ!) 探し続けていた […]
 亜熱帯のような小さな森の先にある「みんなの木工房=テノ森」。かつてチョコレート […]
 福津市の東側、許斐(このみ)山麓にある集落、「八並(やつなみ)」。柴田稔さんと […]
 福津市の北側にある「山添」(やまぞえ)という集落に、西浦さん夫妻は暮らしていま […]
 世界が目覚め、空気が澄み切った朝。山から朝日が昇り、宮地嶽神社の社殿が照らされ […]
 「何しとっちゃろうか」。電気関係の会社に勤めて2年経った20歳の時、間利夫さん […]
※1 津屋崎人形 歴史やおとぎ話で活躍する人物等を題材にした土人形。原色で絵付け […]
 海岸から東側に車を15分程走らせると、風景が一変し、目に緑がたくさん映り始めま […]
福津市の東側に「光陽台」という住宅街があります。その中の一軒で野田壮平さんは生ま […]
豊村酒造5代目豊村源治さんの妻、理惠子さんは自問します。「何の為に古い建物を維持 […]
 コッコッコ。6歳の少年、中村海渡君が自宅にある鶏小屋の中に入り、言いました。「 […]
福津では朝日が山から昇り、夕陽が海に沈む。お日様が顔を出す在自山(あらじやま)の […]
「父は、朝食の準備と二人分の弁当を作って、6時半に出勤してたんです。辛い顔なんて […]
「茶色い毛の馬は、まつ毛も茶色なんです。私は馬のことに関して素人だから、こうやっ […]
 「ずっとお店に来たいと思っていたんです。この辺りのゆっくりした時間の流れが好き […]
「「どこ行きようと?」と声をかけることが、「こんにちは」と挨拶することと同じだと […]
「地元のものがこの海をきれいにしないと」渡辺麻里さんは、まるで海に話しかけるよう […]
「福津市うみがめ課、品田です」。 品田さんの携帯電話にかけた時の応答。その丁寧さ […]