日当たりのよい、庭先のプランターで摘みとった、春菊のやわらかい若葉を手に「さっと火を通して、白和えにすると最高ね」と朗らかな笑顔を見せる三浦さん。

デッキでは、畑で掘ったばかりのサツマイモと、三浦さん自ら収穫した柿を干し柿にして天日に干していました。干し柿を作るときに出た、皮は捨てずに、ザルの中でからからに乾燥させて白菜漬けに使います。「部分部分でいろんな食べ方があって、捨てるところがないよね」と話す、三浦さんの表情には食べ物への尊敬の念がにじんでいました。

 

柿の皮は天日に干して漬物に。

 

旬のものがまとめて手に入れば、自宅のダイニングを『三浦食品加工所』と称して、ジャムや漬物などの保存食を作っておすそわけ。定期的に行っている、アンビシャス広場での料理教室の話になると「自分をけしかけることができる」とはつらつとした笑顔に。図書館通いをして学び、時には「奥が深い」と挫折しそうになる日もあるけれど、その状況さえも楽しんでいる様子です。

 

三浦さんお手製の「梅干し」はふっくら。

 

給食調理員として働きながら、三人の子どもを育てた三浦さん。せわしない毎日を送りながらも「自分や家族が崩れんための食べ物を食べること、それを大切にしてきたよね」と当時をふり返ります。
親子ともども思い悩んだ時期もあったけれど、そんな中でも「学食よりも、お母さんのお弁当がいい」と子どもたちは母の味を求めたそうです。
近ごろは、母となった娘さんが「子どもが『誕生日に〝だぶ″が食べたい』って。お母さん、どう作るの?」と三浦さんから郷土料理を習います。じつは「誕生日のだぶ」は、娘さん自身が幼いころ、自分の誕生日にリクエストしていたもの。特別な日に、忙しい母が手間暇かけて作ってくれた、愛情と思い出のつまった手料理なのです。

日々心がけてきたことは、食を通して家族を思いやること。それは、三浦さんが〝料理の師匠″とよぶ、ご自身の母親から受け継いだものなのかもしれません。「手間暇かけたものを食べる習慣のおかげで、心と体が持ちこたえたことが何度もあった」。食をおろそかにしない、その思いは時が経ってもぶれることはありません。

三浦美奈子さん

福津市在住。36年間、給食調理員として働く。退職後は『福津 暮らしの旅』をはじめ、高齢者施設やアンビシャス広場などで食にまつわる経験を生かして活躍中。


暮らしびと 記事一覧

自宅のデッキ越しに見える池の土手を指さし「あの土手でツクシがいっぱい採れるのよ」 […]
土間にあった下駄に履きかえ「これだとね、出たり入ったりが楽ちんなんです」と嬉しそ […]
日当たりのよい、庭先のプランターで摘みとった、春菊のやわらかい若葉を手に「さっと […]
 「今日は夕陽がきれいそうやね」。眼下にまちと海が広がる高台に暮らす中島美香さん […]
 「手から糠漬けの匂いが落ちない時がありまして」。自宅の庭で野菜を作り、収穫した […]
「先月、リフォームしたんですよ。リビングと台所、洗面所とお風呂も」。ずずずと通さ […]
「眺めがよかろう」。水上牧場の牧場主水上治彦さんは、山を開いて作った放牧場から […]
「新しいことを学ぶと人に伝えたくなるねぇ」。有吉敏高さんは、郷土史会の会員であり […]
 角信喜さんは高校生の時、自宅の本棚にあった『神々の指紋』(※1)やギリシャ神話 […]
 太陽が今日を明るく照らす前、藤田裕美子さんは朝食の支度を始めます。福岡市内で勤 […]
 カランコロン。下駄の音がまちの中に響く。柴田奈緒美さんは下駄を履き、自身で染め […]
 季節の花々が咲き、ほのかにハーブの香りがする庭。スカートをひらひらさせて踊りた […]
 「This is the house」(ここが僕たちの家だ!) 探し続けていた […]
 亜熱帯のような小さな森の先にある「みんなの木工房=テノ森」。かつてチョコレート […]
 福津市の東側、許斐(このみ)山麓にある集落、「八並(やつなみ)」。柴田稔さんと […]
 福津市の北側にある「山添」(やまぞえ)という集落に、西浦さん夫妻は暮らしていま […]
 世界が目覚め、空気が澄み切った朝。山から朝日が昇り、宮地嶽神社の社殿が照らされ […]
 「何しとっちゃろうか」。電気関係の会社に勤めて2年経った20歳の時、間利夫さん […]
※1 津屋崎人形 歴史やおとぎ話で活躍する人物等を題材にした土人形。原色で絵付け […]
 海岸から東側に車を15分程走らせると、風景が一変し、目に緑がたくさん映り始めま […]
福津市の東側に「光陽台」という住宅街があります。その中の一軒で野田壮平さんは生ま […]
豊村酒造5代目豊村源治さんの妻、理惠子さんは自問します。「何の為に古い建物を維持 […]
 コッコッコ。6歳の少年、中村海渡君が自宅にある鶏小屋の中に入り、言いました。「 […]
福津では朝日が山から昇り、夕陽が海に沈む。お日様が顔を出す在自山(あらじやま)の […]
「父は、朝食の準備と二人分の弁当を作って、6時半に出勤してたんです。辛い顔なんて […]
「茶色い毛の馬は、まつ毛も茶色なんです。私は馬のことに関して素人だから、こうやっ […]
 「ずっとお店に来たいと思っていたんです。この辺りのゆっくりした時間の流れが好き […]
「「どこ行きようと?」と声をかけることが、「こんにちは」と挨拶することと同じだと […]
「地元のものがこの海をきれいにしないと」渡辺麻里さんは、まるで海に話しかけるよう […]
「福津市うみがめ課、品田です」。 品田さんの携帯電話にかけた時の応答。その丁寧さ […]